読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が行きたい宮崎の観光グルメスポット

旅行 ひとりごと

宮崎出身の私が行きたい観光グルメスポット。就職して宮崎を離れて改めて宮崎を外から見るとてげ(めっちゃ)宮崎いいところ!って思って帰省した時いろいろ巡りたくなった。そんなわけで『(宮崎出身の)私が行きたい宮崎の観光グルメスポット』まとめてみました。
引用多めですがおゆるしください。

1. 天安河原(あまのやすがわら)

照大神がこの近くにある岩とに隠れた際、八百万の神々が集まって神議した場所として知られています。以前は社のみでしたが、いつからか願いを込めて石を積む姿が見られるようになり、洞窟や、その入り口周辺に何段にも積み上げられた無数の石が、一層、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

めちゃめちゃ神秘的!積み石がたくさんあるみたいだし高千穂のなかでもトップクラスのパワースポットらしい。
ただ車がないとアクセス悪いから行きづらい。それでも行きたい。

2. 高千穂峡

九州屈指の観光名所・高千穂峡。高さ80m~100mにも達する、柱状節理の断崖が7キロにわたって続く壮大な渓谷です。付近には日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋もあります。遊歩道を散策したり、貸しボートをこいで、柱状節理の美しい峡谷美を間近に臨むこともできます。

高千穂峡は宮崎の北の方にあるので、ゆっくり過ごすには高千穂周辺で1日は時間を取るのがベスト。 近くには天岩戸神社など、古事記にまつわるスポットも多く、秋には夜神楽を見ることもできます。
行ったことあるけど小さい時だからあんまり印象に残ってない。ボートにのった記憶があるような無いような。神社とか古事記にまつわるスポットも巡りたい。シャッター切るのが捗るだろうな。

3. 花の駅 生駒高原

宮崎市内からえびの高原に向かう途中にある、花の名所です。3月中旬~4月中旬には約35万本の菜の花、4月中旬~5月中旬は約15万本のアイスランドポピー、9月下旬~10月上旬は約100万本のコスモスと、年間を通じて花々が高原一帯に広がり、多くの観光客の目を楽しませてくれます。
やばい!やばすぎるでしょ!この花の数!てかこの写真に限っては背景の山と青空に目がいっちゃう。しかも年間通していろんな花が咲き誇ってるらしいじゃん!アイスランドポピーの季節に行きたい願望。

4. ビストロアデン

中まで味が染み込んだ非常にジューシーなビストロアデンの『チキン南蛮アデン風』
その秘密は揚げたもも肉を南蛮酢でじっくり煮込むこと。こうすることで酸味が抜けてマイルドに、ナイフで切ると肉汁と南蛮酢が溢れ出す濃厚な味わいとなっています。お酢が得意ではない方にもオススメです。
ライス付きで¥950



宮崎といえばチキン南蛮!チキン南蛮といえばおぐら!のイメージだけどあえておぐらではなくビストロアデン。全然知らなかったけど『月曜から夜ふかし』でマツコデラックス絶賛してたらしい。まぁおぐらも美味しいけど食べ行き過ぎて食べ飽きた感あるよね。
ハンバーグも美味しいらしいからハンバーグも食べたい。

5.森の詩季

イオンモール宮崎の近くにある珈琲専門店。外から眺めたことあるけど入った事ない。行ってみたい。分厚いパンケーキを出してくれるらしくってそれだけでもう行きたい。お店の外観もレンガ調で雰囲気あって二階ではギャラリーかなんかだった気がする。あぁ行きたい。

もっと詳しく取り上げてくれてるブログ見つけた。


以上が、『(宮崎出身の)私が行きたい宮崎の観光グルメスポット』です。
年末年始帰省するからどこかひとつでも行くことができればいいんだけど年末年始何かと忙しいし飲食店はお休みかもしれないからどうだろ。早くお休みこないかな。帰省したい。